Yukiko Gotoh後藤由季子さんの訳書紹介

クリック →全訳書&著者別簡易一覧表

黒騎士に囚われた花嫁  

『黒騎士に囚われた花嫁』

原題:『A Kingdom of Dreams』  著者:Judith McNaught

『とまどう緑のまなざし』(上巻下巻)のヒーローの先祖を主人公にしたスピンオフ作品

☆あらすじ
宿敵への愛と、祖国への愛――
はりさけそうな想いのゆくえは……!?
仇同士のスコットランド娘とイングランドの騎士との波瀾の運命

15世紀末。スコットランドの有力一族の娘、ジェニファーが宿敵のイングランド人にさらわれた……! “黒い狼”と恐れられる伝説の騎士、ウェストモアランド伯爵率いる軍の野営地で彼女の前に現われたのは、若く精悍で、そして孤独な男の姿。それでも物怖じせず勇敢にふるまうジェニファーにしだいに心惹かれはじめる伯爵だったが、ふたりの前にはさらなる試練が待ち受けていた! 
相手への愛と祖国や一族への忠誠心とのあいだで揺れ動く――
動乱の中世を駆けめぐる壮大なロマンス!

【008】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
とまどう緑のまなざし〈上〉
とまどう緑のまなざし〈下〉
 

『とまどう緑のまなざし』

原題:『Whitney, My Love』 著者:Judith McNaught

☆あらすじ

〈上巻〉
20年間読みつがれる感動の名作!
天真爛漫な少女から、本当の愛を知る女へ……。
涙がとまらないほど切ない。波瀾万丈のヒストリカルロマンス。
 

早くに母を亡くしたにもかかわらず、お転婆で情熱的な娘に育ったホイットニー。
そのあふれんばかりの情熱を年上の幼なじみ、ポールに注いでいた。そんな娘の性格を快く思わない父は、義妹夫婦が住むパリに花嫁修業のため送り出した。パリの社交界にデビューすると、その可憐さと美貌ゆえ、たちまちホイットニーは注目の的に。
が、初恋の人ポールへの想いはやみがたく、心が満たされることはなかった。そんなおり、仮面舞踏会でサタンに扮した謎の男にダンスに誘われる……。
 

〈下巻〉
処女作にして古典となった超大作!
愛し合うふたりが誤解に誤解を重ね、最後まで飽きさせない怒濤の大団円へ。
マクノートのすべてがここから始まった。

パリから故郷に戻ると、ストーン家は何もかも改装され使用人も増えていた。隣りに越してきたというクレイトンの余裕たっぷりで
尊大な態度も、なにかとホイットニーの気に障る。が、ポールを振り向かせるため、わざと目の前で気の合わぬ隣人と仲のよいふりをした。ところがある夜、強引にクレイトンに唇を奪われ、怒りに震えながらもなぜか喜びを感じたことに驚くのだった。
やがてポールとの婚約を急ぐ彼女に、父は驚くべき事実を告げる……。
この読後感こそロマンスの醍醐味!

【007】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ついてないことだらけ  

『ついてないことだらけ』

原題:『Falling off Air』 著者:Catherine Sampson

☆あらすじ
35歳でシングルマザー、双子を抱えたロビンは元テレビプロデューサー。職場復帰を目指す彼女は、偶然ある有名女性の転落事故を目撃する。さらに双子の父親である別れた恋人が殺され、なんと容疑はロビンに!むずかる子供、理解のない上司、群がるマスコミ、迫る警察。数々の災難に見舞われながらも、背後に隠された秘密を探るロビンは――。
奮闘する女のノンストップ・スリラー。

【006】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
私はあきらめない  

『私はあきらめない―世界一の女性CEO、カーリー・フィオリーナの挑戦』

原題:『Perfect Enough: Carly Fiorina and the Reinventionn of Hewlett-Packard』 
著者:George Anders

☆概要
カーリー・フィオリーナは、アメリカ企業の世界において、最も多く羨望のまなざしを浴びると同時に最も中傷された女性である。シリコンバレー誕生のきっかけを作った伝説的なヒューレット・パッカード(HP)を経営するために1999年に白羽の矢が立ったとき、彼女は就任早々から大きな改革を公約した。彼女はエンジニア重視だった会社にあってマーケティングの天才、質素であることを説く文化にあって突然あらわれた有名人、そして、最も女性差別が厳しい業界にあって女性だった。

【005】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
サイレント・ゲーム〈上〉
サイレント・ゲーム〈下〉
 

『サイレント・ゲーム』

原題:『Silent Witness』 著者:Richard North Patterson

☆あらすじ

〈上巻〉
辣腕弁護士トニーのもとに、思いがけない仕事が持ち込まれた。依頼人は高校時代の親友で、いまは母校の教頭をしているサム。教え子の女生徒と関係を持ったあげく、殺害の容疑をかけられているのだ。トニーの脳裡によみがえったのは、彼自身が28年前に恋人を殺したとして無実の罪を着せられ、苦悩した悪夢のような日々。
過去と現在の殺人事件が絡みあう圧巻の法廷サスペンス。 

〈下巻〉
故郷に舞い戻ったトニーは、絶対不利な裁判を水際立った弁護で強引に無罪評決へと持ち込もうとする。対する検察側からは意外な事実が提出される。真実をめぐって繰り広げられる息づまるゲーム。すべての真相を知りながら沈黙をつらぬく殺人者の正体とは? そして封印されていたトニー自身の過去の悪夢の結末は?
法廷サスペンスの鬼才が心血を注いだ、追憶と懊悩の人間ドラマ。

【004】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
歓喜の島  

『歓喜の島』

原題:『Isle of Joy』 著者:Don Winslow

☆あらすじ
1958年のNY。元CIAの腕利き工作員ウォルターは、欧州から愛するマンハッタンに帰ってきた。民間の調査員に転身した彼は、若い上院議員とその美しい妻の警護の任につく。将来の大統領候補の驚くべき秘密に触れるウォルター。やがて彼は、恋人のアンと共にFBIとCIAの間で渦巻く謀略の真っ只中に捕らわれていることに気づく――。
ジャズが響くスモーキーな街に、秘密を隠し持つ男女の悲哀が漂う。薫り高い極上のサスペンス。 


【003】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
密送航路  

『密送航路』

原題:『A Five Year Plan』 著者:Philip Kerr

☆あらすじ
デイヴ・デラノーは、5年の服役を経てマイアミ刑務所を出る当日、国外追放されたロシア人ゲルギエフから手紙を受け取った。そこに記されていた現金強奪計画を、デイヴは、その弁護士を通じ、マフィアの黒幕ヌーデリに持ちかける。大西洋を横断する豪華ヨット運搬船に乗り込み、資金洗浄すべく極秘で隠し運ばれる麻薬売上金を横取しようというのだ。海洋ピカレスク・ロマンの金字塔。

【002】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
エサウ

『エサウ―封印された神の子』

原題:『Esau』  著者:Philip Kerr

☆あらすじ
ヒマラヤの秘峰で発見された原人の頭蓋骨。旧約聖書の人物にちなんで「エサウ」と名づけられたその化石は、ヒトの起源を根底から覆すものだった。世界的登山家ジャック・ファーニスと古人類学者ステラ・スウィフトの一行は、エサウの正体を求め、ヒマラヤの最奥地へと旅に出る。しかし、彼らがそこで見つけたものは、人類の未来を脅かす恐ろしい秘密だった。神の視点で描かれた傑作冒険ミステリー。

【001】

 

 

Copyright © 2012 東江一紀親衛隊ё All Rights Reserved.

inserted by FC2 system