Koichi Nirei楡井浩一さんの訳書紹介

 クリック →全訳書&著者別簡易一覧表

世界の99%を貧困にする経済  

『世界の99%を貧困にする経済』

原題:『The Price of Inequality』  著者:Joseph E. Stiglitz

☆概要
「21世紀のケインズ」の異名をとるノーベル賞作家が書き下ろす世界同時恐慌時代の行方。ウォール街占拠デモにも参加、99%の貧困層と1%の富裕層という歪な社会構造を生み出してしまったアメリカ経済の暗部を追及する。

【057】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
なぜ人は走るのか  

『なぜ人は走るのか―ランニングの人類史』

原題:『Running: A Global History』  著者:Thor Gotaas

☆概要
人類は走るために進化した。

人類は走るために進化し、常に走り続けてきた。ランニングの何がこれほど人を魅了するのか。古今東西の記録をたどり、人にとって「走る」ことの意味と魅力に迫る。

※2012年1月発売の『週刊文春』掲載の書評   → こちら

【056】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
価格競争は暴走する  

『価格戦争は暴走する』

原題:『Cheap: The High Cost of Discount Culture』  著者:Ellen Ruppel Shell

☆概要
本当の価格の話をしよう
1ドルショップ、格安ブランド、量販店は、なぜ安くできるのか。その本当の価格とは──。緻密な取材で、恐るべき価格戦略と、安値の裏で進行する戦慄の実態に迫る。

【055】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
聖杯の血統  

『聖杯の血統―イエスの隠された系譜』

原題:『Bloodline of the Holy Grail: The Hidden Lineage of Jesus Revealed』  
著者:Laurence Gardner

☆概要
スチュワート王家当主・オルバニー公マイケル殿下はこの本に序文を寄せ、系譜研究分野における偉大な功績であると称えた。救世主の血脈をめぐるこの驚異の物語は、過去二〇〇〇年に及ぶ最も多彩かつ最も神聖な歴史領域を網羅するものだ。隠された王室の古文書を閲覧する許可を得たガードナーが、いま、西洋における秘められたキリストの血脈を確かな証拠とともに明かし、聖杯探究の新たな発見を語る。アーサー王物語の冒険譚と共に、本書『聖杯の血統』は、史上最大の陰謀を暴く決定的な力を放つ。カトリック教会がみずからの目的に沿って根絶しようとしたイエス・キリストの結婚から現代のイギリス王朝に至る王家血脈の歴史を、12頁にわたる血統図として所収しており、必見に値する

【054】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
美しき姫君  

『美しき姫君  発見されたダ・ヴィンチの真作』

原題:『La Bella Principessa: The Story of the New Masterpiece by Leonardo Da Vinci』
著者:Martin Kemp、Pascal Cotte

☆概要
百年ぶりに確認されたダ・ヴィンチの本格的な作品。その鑑定を行った当事者たち自らが、豊富な図版とともに語った名画発見のドキュメント。美術史に残る一冊である。

【053】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 まだ科学で解けない13の謎  

『まだ科学で解けない13の謎』

原題:『13 Things that Don't Make Sense』  著者:Michael Brooks

☆概要
宇宙論から自由意志、セックス、地球外生命、医療まで、解決したら科学革命間違いナシの最大級の謎の現在を解説。大発見前夜、科学者はいかに苦闘しているか?

【052】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
フリーフォール  

 『フリーフォール』

原題:『Freefall』  著者:Joseph E. Stiglitz

☆概要
強欲をエンジンとしたアメリカの金融資本主義は、2008年ついに破綻し、その衝撃は地球全土に広がった。グローバル経済は急降下(フリーフォール)した。なぜ誰も、この危機の到来を予測できず、その悪化を防げなかったのか? 果たしてわれわれはこの危機から、いつ、いかなる方策によって回復し、再び繁栄への道を歩むことができるのか? ノーベル賞経済学者スティグリッツが、経済再生の処方箋と新しい資本主義秩序を提示する。 

※2010年4月4日掲載の書評(毎日新聞) → こちら
※2010年12月19日掲載の書評(毎日新聞) → こちら

【051】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
伝説のトレーダー集団 タートル流 投資の黄金律  

『伝説のトレーダー集団 タートル流 投資の黄金律』

原題:『Inside the Mind of the Turtles: How the World's Best Traders Master Risk』  
著者:Curtis M.Faith

☆概要
今やトレーディング界の伝説となった常勝投資軍団「タートルズ」。その最高エリートだった著者が、「未来を予測するな」「結果に惑わされず、決断に集中せよ」など、不確実性とリスクのもとで勝ち続けるための「タートル流7つのルール」を伝授する! 

【050】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
 借金大国 アメリカの真実  

『借金大国 アメリカの真実』

原題:『I.O.U.S.A: One Nation. Under Stress. In Debt』
著者:Addison Wiggin, Kate Incontrera

☆概要
アメリカ財政の壊滅的状況を明らかにし、「経済版の『不都合な真実』」と絶讃された原著。グリーンスパン、バフェット等、重鎮のロングインタビューも収録。解説:慶応大学小幡績氏

<目次>
第一部 ザ・ミッション
第一章 “真の”国情
第二章 財政の赤字
第三章 貯蓄の赤字
第四章 貿易の赤字
第五章 リーダーシップの赤字
第二部 インタビュー

【049】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0  

『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0』  

原題:『The Personal Efficiency Program: How to Stop Feeling Overwhelmed and Win Back Control of Your Work!』 
著者:Kerry Gleeson

☆概要
ビジネス・テクノロジー協会が25年にわたって指導・トレーニングした、世界中のきわめて仕事ができる人たちの仕事のルールを集大成。
世界中のビジネスマンが学んだ『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』の新装版が、バージョンアップ&1・5倍のページ大増量で登場! きわめて有能な人々、仕事がうまくいく人は、何をしているのか? そのやり方を集約すれば万人に当てはまる法則になるのではないか?――この本には、世界中のビジネス・テクノロジー協会(IBT)のクライアントが採用し、自らの仕事の法則として取り入れた、実証済みの戦略が散りばめられている。わたしたち個人の仕事を改善するにはどうしたらいいのか? 手早く始めるにはどうすればいいのか? 手早く片づけて、より多くをこなすためにはどうすればいいのか? どんなシステムが最も有効なのか? これらすべてのテーマを網羅している本書が、あなたの生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を大いに変える!

【048】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
失われた聖櫃 謎の潜在パワー  

『失われた聖櫃 謎の潜在パワー』

原題:『Lost Secrets of the Sacred Ark: Amazing Revelations of the Incredible Power of Gold』  
著者:Laurence Gardner

☆概要
聖書に記された聖櫃は、聖杯と共につきない謎がある。本書は聖櫃の重要性に関する興味深い研究成果をまとめたもの。著者は聖櫃のシナイからエルサレム、さらにその後の流転の足跡を辿り、高名な核物理学者の協力を得て、金を無重力状態に変える聖櫃の驚くべきパワーについて調べた。また、古代エジプト、ファラオの墓に残された記述を現代科学に照らして検証した結果、反重力や念力移動など、今後の科学技術の進歩に多大な影響を与えかねない事実を発見している。

映画化決定! 
 

【047】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
アメリカ後の世界  

『アメリカ後の世界』

原題:『The Post-American World』 著者:Fareed Zakaria

☆概要
世界は今、近代に入って3度目のパラダイム転換に直面している。アメリカ一極支配の構造が、着実に崩れようとしているのだ。これはアメリカの凋落ではない。「その他すべての国」の台頭なのだ。アメリカが自信を失う一方で、途上国経済は衰えを見せず、中国・インドといった新興の大国は影響力とナショナリズムを強めている。すなわち反アメリカではなく、「アメリカ後」の世界が築かれつつあるのだ。いったい、この「近代第3の革命」は、私たちに何をもたらすのか。

※2009年3月1日掲載の書評(朝日新聞)   → こちら
※2009年5月31日掲載の書評(毎日新聞) → こちら

【046】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
優等生プアと劣等生リッチ  

『優等生プアと劣等生リッチ―頭のいいぼくが貧乏で、なんであのバカが金持ちなの?』

原題:『How Come That Idiot's Rich and I'm Not?』 著者:Robert Shemin

☆概要
アメリカを代表するミリオネアのひとりである著者は、学生時代は極め付きの劣等生。地図が読めずタイプも打てない。学校をさぼってアルバイトに精出す毎日。しかし、そんなおバカがどうして大金持ちになることができたのか? その秘訣を、著者自信の体験エピソードを交えて伝授していく。「まじめに働けばリッチになる」は大間違い、「落ちこぼれこそがリッチになる」「他人に甘えまくれ」「どんどん借金しろ」「休暇は1ヶ月以上とれ!」「目標を2つ以上もつと、貧乏から永遠に抜け出せない」等々、目からうろこの逆転の発想を、多彩なエピソードとともに軽快な語り口で紹介していく。他力本願OK! 一文無し上等! 「究極の劣等生」が贈る、ミリオネアの秘訣と豊かな人生のすすめ。

【045】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
贋作王ダリ  

『贋作王ダリ――シュールでスキャンダラスな天才画家の真実』

原題:『Dali & I: The Surreal Story』 著者:Stan Lauryssens

☆概要
20世紀美術界最大の奇才、サルバドール・ダリ。なんとその全作品の約75%は「贋作」だった! 

ダリ専門アートディーラー兼詐欺師で、晩年のダリの隣人であった著者が克明に綴る、知られざるサルバドール・ダリの波乱万丈の生涯。欲望と狂気とスキャンダル渦巻く美術界を描いた驚愕のノンフィクション! 22カ国語に翻訳された世界的ベストセラー、ついに日本上陸!

アル・パチーノ主演で2009年映画化決定!

【044】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
バビロンの大金持ち  

『バビロンの大金持ち』

原題:『The Richest Man in Babylon』 著者:George S. Clason

☆概要
本書は、1955年の刊行以来、アメリカ、カナダ、イギリスではもちろん、ドイツやフランスなどでも翻訳本を通じて絶大なる支持を得ているGeorge Samuel Clasonの“The Richest Man in Babylon”の邦訳。
近年多くみられる物語仕立ての成功哲学書の原点といえる本で、ストーリーを楽しみながら、お金とのつき合い方、幸せのつかみかたなどを学ぶことができる。

物語の舞台は、古代都市バビロン。メソポタミア文明の栄えた土地。二輪馬車職人のバンジールは、竪琴の名手である友人コビとともに、働いても働いても豊かになれない我が身を嘆き合う。そんなふたりは、バビロンで一番の金持ちになった共通の友人アルカドのもとへ、金持ちになるための方法を教わりに行くことにします。
アルカドは、国王の命令にもとづき、富をつかむために必要な極意をバビロンの人々に講義します。
アルカドが授けた「7つの極意」は、人から人へと語りつがれ、やがてバビロンは巨万の富を誇る街になるのでした。

【043】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃  

『世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃』

原題:『The Three Trillion Dollar War: The True Cost of the Iraq Conflict』 
著者:Joseph Stiglitz、 Linda Bilmes

☆概要
ブッシュ政権はひた隠そうとしているが、イラク戦争にかかったコストは恐ろしいほどの額であり、教授の計算によると3兆ドル(!)にのぼるという。
この巨大な額が、アメリカ経済や世界経済に影響をあたえないわけがない。この戦費は政府が払いたくない、払えないものであり、それは巡り巡って、ひとりひとりの国民の肩にのしかかっていくのだ。
戦争は決して経済に貢献しない。このシステムをグローバルに解明していく。さらに、特別章として、金利に対する教授の考え方や、サブプライム問題に対する所見の発言も付いている。
衰退するアメリカ経済、混迷を深める世界経済のからくりと、先行きを知るための必読の1冊。

【042】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
人生を料理した男

『人生を料理した男―麻薬の売人からトップシェフへ』

原題:『Cooked: My Journeys From the Streets to the Stove』 著者:Jeff Henderson

☆概要
人生の救済は刑務所で出会った料理から始まった――コカインの密売人としてロスの暗黒街を牛耳っていたジェフは、7年の刑務所暮らしの中で料理の楽しさと素晴らしさを知り、出所後、全米トップクラスの料理人へと登り詰める。人生に力を与えてくれる感動のノンフィクション! 

ウィル・スミス主演で映画化決定!

【041】

 

Copyright © 2012 東江一紀親衛隊ё All Rights Reserved.

inserted by FC2 system