Eriko Kawai 河合衿子さんの訳書紹介

クリック →全訳書&著者別簡易一覧表

クリントンとモニカ―わたしが愛した大統領   『クリントンとモニカ―わたしが愛した大統領』

原題:『Monica's Story』 著者:Andrew Morton

☆概要
第42代大統領ビル・クリントンをアメリカ史上2回目の弾劾裁判へと追いやった「モニカ・ルインスキー事件」。ホワイトハウスの実習生モニカとクリントン大統領の間に本当は何があったのか。すべての真実を今。

 裏切り者
 「いつかきみにキスすると思っていた」
 執務室での密会
 テレフォンセックス
 ヒラリーとの離婚も考えた
 クリントンのふたつの顔
 職探し
 盗聴テープ
 クリントンを追いこめ
 マスコミ攻勢
 引き裂かれたルインスキー一家
 権力者の争い
 屈辱のスター・リポート
 情事の結末

【005】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
モニカの真実   『モニカの真実』

原題:『Monica's Story』 著者:Andrew Morton

☆概要
1995年11月、ホワイトハウスの実習生モニカ・ルインスキーは、クリントン大統領と親密な関係に陥り、以後18カ月におよび、不倫を続けた。
父と娘ほども年齢の離れた二人だったが、大統領執務室の奥で、不幸な子供時代の思い出を語り合い、性的接触を繰り返した。
しかしモニカの同僚は、彼女の打ち明け話を密かにテープに録音し、やがてそれは大統領弾劾の起爆剤となっていった―。
陰謀、野望、裏切りと愛欲の渦巻くホワイトハウスで、モニカがつかんだ「真実」とは何だったのか? 大統領執務室での禁断愛と検察官との恐怖の攻防劇。

【004】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
愛の森   『愛の森』

原題:『Promises to Keep』 著者:Maura McGiveny

☆あらすじ
それはキャスリンにとって信じがたい光景であった。松林の中で月の光を浴びて愛し合う男と女の美しい姿…。
でもそれが、数時間前にキャスリンにプロポーズしたフィアンセとキャスリンの妹だったとは! キャスリンはその場から逃れるように姿を消した。あれから5年、今はバンクーバーで保育園の助手としてひっそりと暮らしている。人とのつながりを絶って、愛をよせつけず…。
だが、5年の歳月をかけてキャスリンをさがし続ける男がいた。カナダの森林を牛耳る男、木材取引商のローガン・ラムジー、彼はキャスリンの愛をふみにじったかつてのフィアンセである……。

【003】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
愛をなくした場所   『愛をなくした場所』

原題:『Second Time Around』 著者:Elizabeth Oldfield

☆あらすじ
ジャンボ機は、暗い熱帯の空をゆっくりと下降し始めた。“偉大なる小島”シンガポールが近づく。ゴムの林、やし油をとる農園、トタン屋根の村落、そして摩天楼。熱帯の太陽やエキゾチックな花々を思い出してリーは、ほほ笑んだ。喜びがこみあげてくる。来てよかったわ。
そのとき、隣席の男がたずねた。
「こちらへは、初めてですか」「いいえ」と答えながら、リーの灰色の瞳に涙があふれた。リーは自分自身に驚いた。防護用の冷淡な仮面の奥に感情を押しこめてしまったつもりだったのに。
シンガポール―そこはリーがかつて、愛をなくした場所だった。

【002】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ひとり旅 『ひとり旅』

原題:『No Room in His Life』 著者:Nicola West

☆あらすじ
ユーゴスラビアの夏――コトル湾の美しい風景を眺めながらも、アリクスの目は曇りがちだった。やっぱり、ひとり旅は心細い。言葉のわかならい国で、宿の予約もしてないのだからなおさらだ。バーニーがイギリスに呼び戻されたとき、いっしょに帰るべきだったのかもしれない。ひとりでも旅を続けるように勧めてくれたバーニーの言葉がその時ふと胸によみがえった。
そうだ、バーニーのためにもこの旅を、ユーゴスラビアの風物を、満喫しなくては。
アリクスは気を取り直して、バス乗り場に向かって歩きだした。

【001】

 

 

Copyright © 2012 東江一紀親衛隊ё All Rights Reserved.

inserted by FC2 system